Home > 映画鑑賞レビュー

映画鑑賞レビュー

  • 2013-09-01 (日) 21:42

日本より先に公開上映された中国・香港で、
『海洋天堂』を鑑賞された方の映画レビューをご紹介させていただきます☆
このページでは抜粋して紹介させて頂いてますので、ぜひ掲載元様でエントリー全文をご覧になってみてください。

映画を鑑賞された方々のお声


青を基調とした画面は、北野武映画のようでもあり、海を彼岸と此岸の境目とする隠喩も、
同様に匂わされている。音楽担当者の名前を見て、思わずにんまりとした。・・(略)・・
黄飛鴻、張三豊、霍元甲など、(架空とされる人物も含めて)歴史上の英雄を演じてきたジェットだが、
本作においても、無名で平凡ながら、やはり「英雄」なのだと思った。
この作品、ジェット・リーで本当に良かった!

香港在住日本人中国武術家の記録
http://singkungfu.exblog.jp/11426955/


心うたれる場面はあるけど、湿っぽくはなりすぎないし、悲壮な感じもなく、海や、つつましいりんちぇ(*)の家の中(かたづいてます。モノが少ない)や、職場である水族館や、魚のように自由に泳ぐ息子の映像が美しい。
・・・と思ったら撮影クリストファ・ドイルだった。というのは今これを書くのに調べてわかったこと。
へーえ。いい仕事していると思います。冒頭のシーンもとても美しい。
不安な要素込みの場面だけど、美しく、ひきこまれる。
そしてこういう映画だから、全体にやりすぎてないところも好。 (*)ジェット・リーのこと

ときどき映画館日記
http://yuzufilm.seesaa.net/article/155142420.html


重い内容をさわやかに描いていて、とてもいい映画でした。
冒頭の歌がたぶんルンメイちゃんの歌なんでしょうね。
作曲者の久石譲も絶賛していたように、素朴かつ透明感があってさわやかな歌声がなかなかよかったです。
李連杰扮する主人公は水族館で働く清掃員。妻を亡くし男手一人で自閉症の息子を育ててきた朴訥な父。
・・(略)・・自分がいなくなった後に息子が困らないように必死で手を尽くす姿は本当に切ないです。。
そして。。エンディングの周杰倫の「説了再見」。ここでまた号泣(苦笑)。。。
★予告編動画に出て来る内容について触れておられます

戦士の休日 心の潤い、水遣りブログ
http://blog.goo.ne.jp/green-indigo/e/913f7123b98910f90ed32e9108377df9


先日香港滞在の折、特別予備知識もないまま本作を観てきた者です。・・(略)・・
障がいがあってもなくても、親はずーっと我が子のことが心配なんでしょうね。
親の愛の深さがひしひしと伝わってくる素晴らしい映画です。
昨今は大作映画ばかりがクローズアップされがちですが
こういう地味ながらも心に残る映画を日本でも多くの人に観てもらいたいと思います。

cream 様
活動BBSトピック(その2)からメッセージを紹介させて頂きました。多謝☆


基本的には地味な映画だと思います。
たんたんとしたひとつの家族の日常とそれを取り巻く周囲の人たちが描かれている作品です。
無理やり感動させよう泣かせようといったあざとさは見当たりません。

それでも、見終わった後に、心にじんわりと暖かい気持が残るのです。
この作品には英雄もいなければ魔法も使えないし奇跡も起きない。
リアルな世界(でもリアルの世界よりは基本的に人がみんな優しい)だからこそ、
すべての人たちにほんのちょっとだけ回りに目を向けて、周りに優しい世界になれば…と、
そんな気持ちにさせてくれる作品です。
香港では三回ほど観てきましたが、日本で公開されたら、自分でも何回観にいってしまうか分かりません(笑)

さと 様
鑑賞レビューをお寄せくださいました。多謝☆



コメント欄に感想をお寄せくださる方へ
どんでん返しが待ち構えているストーリーではない・・と思うのですが、
ストーリーについて触れられるときは予告編動画の内容程度にして下さると助かります :D

コメント (Close):27

meishu 10-10-30 (土) 0:31

心に残るいい映画でした。
父親の、残された息子を思う気持ちが胸にしみました。
ぜひ日本でも公開を!と思います。

しゅう 10-10-30 (土) 17:38

>meishuさん
初めまして。コメントをありがとうございます。
ブログを拝見しました。『海洋天堂』を記事にしてくださって嬉しいです。

私も一時停止を繰り返して意味を調べながら、香港版のDVDを観ました。
細かいニュアンスは理解できませんが、それでも心誠パパの心情を思って泣きました。

日本語字幕で観たい・・心からそう願います。
応援、ありがとうございました!

すみちん 11-07-02 (土) 10:29

しゅう様

初めまして。
しゅう様はじめ、多くのジェットファンの皆様の活動のおかげで
日本公開が実現したこと大変嬉しく思います。
私も微力ながらこの1年、宣伝活動に燃えておりました。

普段、Yahoo!映画に映画レビューを投稿しておりまして、
この度、オンライン試写会に当選。
ジェットへの想いはもちろんのこと、しゅう様たちへの
感謝の気持ちも込めて、レビュータイトルは
「ジェットファンの想い集結!祝★日本公開」とさせて頂きました。
投稿制限の2000字では、とても書ききれませんでしたが(笑

http://info.movies.yahoo.co.jp/userreview/tyem/id339378/rid4/p0/s0/c0/

私の住む新潟では秋公開予定でしたので、新幹線でシネスイッチまで
行く気満々でしたが、今回、私の財布事情までジェットが救って
くれた思いです(^^;
もちろん、劇場でも必ず観ます!

日々の応援活動、本当にありがとうございました。
今後もリンチェイ、応援して参りましょう~♪

しゅう 11-07-04 (月) 0:36

>すみちんさん

初めまして。コメントをありがとうございます。
Yahoo!映画の映画レビューも読ませていただきました☆

実は私もオンライン試写会に当選しちゃいました(汗)
運が悪いので当選するはずはないと思っていたんですが・・。

香港版とのセリフの違いにいくつか気付いたものの
やっぱり日本語字幕っていいですね^^

私ももちろん劇場でも観ます。ペアチケットを購入済みですから。
みんなで応援して『海洋天堂』を大ヒットさせましょう♪

ミユ 11-07-18 (月) 11:14

先週火曜日に、ついに銀座で見てきました!

こんなに素晴らしい作品を、日本にいながらにして、日本語字幕つきで、大きなスクリーンで、大勢の人たちとともに鑑賞できたこと。
本当に奇跡のようです。
観終わって、こんなにも素晴らしい映画だったとわかって、改めてそう思いました。

しゅうさん、このブログを初めてくれて、続けてくれて、本当にありがとう。
長い長い戦いに、心から感謝します。

しゅう 11-07-18 (月) 21:24

>ミユさん

大阪の劇場にもたくさんの方が観に来てくださってて
本当に嬉しいです。
あと何ヶ月かで、このブログは開店休業状態になるわけですが^^
貴重な体験をさせてもらいました。

「もうひとつの海洋天堂ストーリー」も楽しい思い出です。
みんなで過去形で願ったら、本当に実現しちゃいましたね☆

「観たい!」・「観せたい!」という夢が両方叶って
マジで一生分の運を使い果たしたような気分です(笑)

ロングストライド 11-07-19 (火) 18:15

本当に、感動しちゃいました。よくある感動ものの映画と違って、じんわりじんわりと涙が溢れ出てきます。ゆっくりと感動できます。(^_^.)

ミユ 11-07-19 (火) 19:09

>しゅうさん

ああっ、そうでした!
「もう公開は実現した!」っていう前提のもとで・・・企画したんでっしたっけね、なんてむちゃくちゃな(笑)
最近ごぶさたしていたのせいか、過去の自分のアカンっぷりを完全に忘れ去っておりましたあ~~

ところで、こちらのコンテンツでは、レビューを紹介させていただけるんですよね♪
身内贔屓で恐縮ですが、妹が自分のブログに海洋天堂のレビュー&自作イラストをアップしております。
一緒に映画を見たんですが、「そ、そこまで?!」と驚くほどの感動っぷりでした。
よろしければご覧ください↓

http://d.hatena.ne.jp/kuma19690618/20110717/1310900882

11-08-05 (金) 20:58

はじめまして。本日銀座にて鑑賞させていただきました。
自閉症児の母です。
元々ジェット・リーのファンで(私にとってはリー リンチェイの呼び名の方がしっくりきますが)彼が初めてノーアクションの映画に出るという話を小耳に挟んだ事があったのですが、まさかこのような内容とは思いませんでした。
幼い頃の自分のヒーローが、まさか自分が今立たされている状況を代弁してくれるかのような映画に出ている事にひたすら感激を覚えました。
全編通して、自分の将来を突きつけられているようで正直苦痛でもありました。
障害児者の親にとっては、自分と向き合うことを迫られる作品かと思います。
今は色々な思いが交錯して上手く伝えられませんが、いつか整理できたらブログにでもまとめてみたいです。

この映画が一人でも多くの方の目に留まりますように。
そう願って止みません。

金田博美 11-08-07 (日) 23:22

山口県下関市に住んでいます。いちばん近い上映映画館が福岡県博多KBCシネマズ1.2でしたので、新幹線で福岡まで行って観ました。
映画代より交通費の方が高くなりましたが、後悔はしませんでした。
素晴らしい映画でした。映像も音楽もストーリーの完成度の高さも、最高です。
私の一押し映画です。
今でも、映像が思い浮かびます。
追伸、なぜ、このような素晴らしい映画が、多くの映画館で観賞できないのでしょう。一人でも、多くの人に観てもらいたい映画です。★★★★★

しゅう 11-08-08 (月) 19:51

>ロングストライドさん

初めまして。コメントをありがとうございます。
お返事が遅れて申し訳ありません(汗)

『海洋天堂』は泣かせようとする映画ではなく、思わず泣いてしまう映画。
確かにゆっくりと感動できますね☆

しゅう 11-08-08 (月) 20:03

>ミユさん

レスが壮絶に遅くなりました(土下座)
妹さんの映画レビューはUPされた当日に読ませていただきました♪

浜松のシネマイーラさんでイラストを展示されるんですよね。
ナマで見たいんですが、静岡県まではさすがに遠くて・・。

ミユさんのフォーラムの『海洋天堂』レビューは傑作ですね。
こちらもたくさんの方に読んでいただきたいです☆

しゅう 11-08-08 (月) 20:47

>銀さん

初めまして。コメントをありがとうございます。
リー リンチェイの呼び名の方がしっくりくるということは
銀さんは『少林寺』の頃からの迷さんでいらっしゃるのでしょうか。

『海洋天堂』の脚本を読んで、リンチェイは「この作品は映画化するのも
映画館で上映してもらうのも難しいだろう」と思ったそうです。
現実に中国の地方都市では上映を躊躇う劇場もあって
リンチェイ自身が劇場主に上映してくれるよう呼びかけたこともありました。

幸い日本ではメイン館であるシネスイッチ銀座でヒットしているので
公開予定の劇場が徐々に増えてます。
リンチェイの想いの籠もったこの作品をたくさんの方に観ていただきたいですね。

いつか感想をブログ記事にされたら、読ませてください。

しゅう 11-08-08 (月) 21:16

>金田博美さん

初めまして。コメントをありがとうございます。
徐々に上映館は増えていますが、未だに全ての都道府県で公開とは
なっていないようですね。

五つ星をありがとうございます^^
一押し映画と言ってくださって嬉しいです。

ルーシー 11-08-24 (水) 20:51

今日夫婦で観てきました。どうしても観たかった。間に合ってよかったです。作りすぎてなくて本当にいい映画でした。号泣するというより気がつくと温かい涙がとめどなく流れていました。この映画を観れて良かった。何とも言えない満足感がありました。ありがとうございます。そんな気持ちになりました。

しゅう 11-08-25 (木) 0:31

>ルーシーさん

初めまして。コメントをありがとうございます。
ご夫婦で映画鑑賞ですか。素敵ですね☆

私は映画館で5回観てますが、観る度に涙腺崩壊のシーンが違うんです。
先日は鈴鈴がおばあさんの話をしている時にジンときて涙腺崩壊(照)

たくさんの方が観てくださって、感動を広めてくださって・・。
だから徐々に上映館が増えてます。本当に有難いと感謝しています。
ルーシーさんにも満足していただけたようで、嬉しいです。

ようこ 11-09-01 (木) 14:45

自閉・多動・知的障害児の母です。今週初めに観てきました。

大福の姿と我が子の姿とが重なり、初めから終わりまで涙が止まりませんでした。これまで観た映画の中で一番良かった…感動しました。

自閉症児の親の大変さだけでなく、自閉症児の親であることの幸せを感じられる素晴らしい映画だと思いました。

海や水族館の映像が(パンフレットの「青」も)きれいで、夏の疲れが吹き飛びました。


上映館・期間が限られているのが悲しいところです。もっと多くの劇場での公開を願っています。そして、一人でも多くの人がこの映画を観てくれることを願っています(特別支援学校の「夏休みの日記帳」に私が熱く語ったところ^_^; 、先生方が観に行くと言って下さいました! 私も、また観に行くつもりです)

しゅうさんをはじめ、この映画に関わっている全ての方に、感謝の気持ちでいっぱいです。

しゅう 11-09-02 (金) 23:39

>ようこさん

初めまして。コメントをありがとうございます。

『海洋天堂』の広報活動お疲れ様です。
どんどん広めちゃってください^^
ヒットしているという情報でまた新しい上映館が決まりますから。

「自閉症児の親の大変さだけでなく、自閉症児の親であることの幸せを感じられる素晴らしい映画」
↑このように感じることができるようこさんはきっと素晴らしい母親で
いらっしゃるんでしょうね。

『海洋天堂』を広めてくださって、こちらこそ感謝の気持ちでいっぱいです。

ぴなこ 11-09-06 (火) 18:47

今日、海洋天堂観て来ました。

涙が止まりませんでした。

ジェット・リーのこと大好きで、自分の街で上映されることを知り、とても嬉しかったです。

二人の表情があまりにも素敵で、自然で、暖かい気持ちになりました。うまく表現できませんが、今までで一番よかったんじゃないかなと自分の中では思っています。

大切な宝物になりました。

しゅう 11-09-07 (水) 23:55

>ぴなこさん

初めまして。コメントをありがとうございます。

ひなこさんはジェット・リーが大好きでいらっしゃるんですね。
同志ですね☆ これからもよろしくお付き合いください^^

世間ではジェット・リーはアクション俳優と思われているようですが
『投名状』(邦題:ウォーロード/男達の誓い)で香港電影金像奨の
最優秀主演男優賞を受賞したことで分かるように、ジェットは演技派です☆

でも『海洋天堂』で演技はしていないと、ジェットは語っていました。
心誠パパは素のジェットということでしょうか。

『海洋天堂』はひなこさんにとって、大切な宝物☆
私にとっても特別な作品になりました。

あこ 11-09-13 (火) 19:53

今日、鑑賞してきました☆
とても考えさせられる素晴らしい映画でしたよ!
苦悩する心誠パパを見てると泣けてきますが、大福くんの苦悩も伝わってくるようでした。
そして、周りのみんなの理解と協力が必要なのだと強く感じました。

アクション・スターとは思えないほどの細やかな演技!
そしてあの優しい笑顔が今も心に残っています
一人でも多くの方が、この素晴らしい作品を観てくれますように☆

しゅう 11-09-15 (木) 1:40

>あこさん

とうとう心誠パパと逢えたんですね☆

細やかな演技!に100%同感です。
迷子札を服に縫い付けながら、奥さんを思い出すシーンの
心誠パパの表情に涙腺崩壊でした(照)

優しい笑顔も大福を褒める優しい声音も大好き。

地域での公開前に夕刊記事になったりもしているらしいので
たくさんの方に『海洋天堂』を知っていただければ嬉しいですね。

NKのつぶやき 11-10-04 (火) 23:08

しゅうさんへ

始めまして
NKのつぶやきと申します。

今日、海洋天堂新聞にブログ記事を取り上げていただきまして有難うございます。
こんな素敵な新聞があるなんて知りませんでした・・・^^。

実はぼくはずっとまえに、しゅうさんのことを知っていました。
まだ、海洋天動画未公開だったとき、ある掲示板に、「日本に呼びましょう!」と呼びかけてらっしゃるのを見たことがありました。

その映画が実際に日本に来たなんて、信じられないですね。
そしてその映画を見させていただいて、
ほんと、深く深く感動しました。

今日のブログ記事は、見てから1ヶ月たった今の少し落ち着いた気持ちで書いた記事です。

トラバをさせていただきましたが、1つ目の方は、見た翌日に書いた記事で、映画の残像や見た感激が、まだまだ気持ちにいっぱい埋まっていた頃に書いたものです。少しはずかしい気もあるのですが、読んでいただきたい気持ちもあって、張ってしまいました。

いい映画を呼んでいただけて、本当に嬉しいです。
そして、少しでも多くの人に、この映画を見ていただきたいと思います。

有難うございました。

しゅう 11-10-06 (木) 23:21

>NKのつぶやきさん

初めまして。
コメントをありがとうございます。

実はこの活動を始めた当初から、何人かの療育パパさんの
ブログを拝見させていただいていました。
もちろん貴ブログもそのひとつですし、レビューも書かれた当日に読ませていただきました。

海洋天堂新聞は「けろにあ」さんが発行されてます^^
主にtwitterで『海洋天堂』を応援してくださっている、とっても頼りになる方です。
日本公開運動の時もそうでしたが、管理人が頼りないので
協力してくださる方がたくさんいるんです(照)

「NKのつぶやき」さんも京都シネマでの上映を宣伝してくださって
ありがとうございます。
本当にたくさんの方に観ていただきたい作品です。

ユウのパパ 12-01-16 (月) 20:18

私は発達障害者の息子のシングルファザーです。私自身が、ADHD.LD.アスペルガーです。私はジェットリー自身が障害者に対し誠心誠意にボランティア活動し。中国の自身でも自ら進んで駆けつけて、他者への想い、人間ジェットリーにだからなしえた永遠の私のヒーローになりました。こんなに感動を受けた映画はありませんでした。自身が現在進行形の同じ想いにジェトリーのこの映画に対する強い想いは、勇気と感謝と感動をありがとう。言葉では伝える事は出来ない感動のドラマでした。ジェット自身の人間性の温かく自分の最後の瞬間まで最愛の息子に伝え続ける無償の愛は、私にとってこの映画には、彼の生き方、考え方本当の父の強さ教えてくれました。この映画に言葉は必要いらない。最後まで涙がとまらない。多くの人に是非見てほしい感動作でした。

しゅう 12-01-17 (火) 22:28

>ユウのパパさん

こちらにもコメントをありがとうございます☆

ジェット・リーは俳優としてだけではなく、ワン基金の創始者としても有名で
2010年度の米タイムズ紙が選ぶ【世界で最も影響力のある100人】にも選ばれています。
慈善が仕事で、映画は趣味だそうです^^

4月にDVDとブルーレイが発売されるので、映画館で鑑賞できる地域は限られるでしょうが
観られる環境の方には、ぜひ観ていただきたいですね。

ユウのパパ 12-02-11 (土) 0:45

4月に海洋天堂、DVD、ブルーレイが、いよいよ発売なんですね。早速予約します。本当は、映画館で観ていただきたい映画ですが知り合いの知人に、紹介して観てもらいたいですね。できれば、NPOの知人に相談し地元で映画で企画して、観てほしいのですが。これからも、私自身ができることは、この映画の応援団の一人になります。微力ですがこちコミでも根気強く多くの人に広めたいですね。

トラックバック:6

このエントリーのトラックバックURL
http://oceanheaven.amaterasuan.com/review/trackback
トラックバックの送信元リスト
映画鑑賞レビュー from ジェット・リーの『海洋天堂』を日本で観たい!
trackback from マサキング子育て奮闘記 ‐広汎性発達障害の息子を抱える父親の日記‐ 11-04-06 (水) 13:58

海洋天堂を観て

今日は映画『海洋天堂』の試写会に参加させて頂きました。
本来なら、4月3日に世界自閉症啓発デーのイベントとして、日本発達障害ネットワークが主催するイベントで鑑賞会が行わ…

trackback from 上海からの雑文~東京編~ 11-05-17 (火) 1:01

映画『海洋天堂』

 半年くらい前のことだが、飛行機の中で映画『海洋天堂』を観た。 ジェット・リー=李連杰扮する父親が自らの死期を悟り、限りある時間で自閉症の息子が自分がいなくても生活して…

trackback from LOVE Cinemas 調布 11-07-13 (水) 0:19

海洋天堂

『HERO』や『エクスペンダブルズ』といったアクション映画で知られるジェット・リーのヒューマンドラマ。アクションを封印し自閉症の子を持つ父親の役を真摯に演じている。共演…

trackback from 斜に構えてみる 11-08-07 (日) 12:25

(256) 海洋天堂を観て(印象編)

前回はどうでもいいかも知れない外堀部分について書いてみましたが、今回は映画全体を

trackback from 育児パパのあったか・やさしい発達障害談義 11-10-04 (火) 22:59

自閉症の親子を描いた映画「海洋天堂」を見てきました ~見終わって、余韻にずっとひたっていたかった

日本ブログ村 クリック励みになります!発達障害部門 第5位自閉症の親子を描いた映画「海洋天堂」を見てきました。 映画「海洋天堂」公式HP さて、感想を書こうと思って、ページを…

trackback from 育児パパのあったか・やさしい発達障害談義 11-10-04 (火) 23:00

発達障害の親子をテーマにした映画「海洋天堂」 2011.10.1~ 京都シネマで上映中

日本ブログ村 クリック励みになります!自閉症の親子をテーマにした映画「海洋天堂」が、2011.10.1より京都シネマで公開されています。
第14回中国電影華表奨にて三冠受賞達成!「…

Home > 映画鑑賞レビュー

▲このページのTOPへ