Home > お知らせ | 自閉症 > 映画『ちづる』を観ませんか?

映画『ちづる』を観ませんか?

――妹のことをどう説明したらいいか、今もわからない。
だから言葉で伝えるかわりに、カメラを向けることにした。――

『ちづる』という映画をご存知ですか。
立教大学現代心理学部映像身体学科の赤崎正和さんが
ご自身の卒業制作として企画し
重度の知的障害と自閉症をもった妹・千鶴さんと母親を
1年にわたって撮り続けたドキュメンタリー作品です。

公式サイトはこちら
宣伝は立教大生が担当されているようですね☆

10月29日、ポレポレ東中野横浜ニューテアトルにて上映開始。
大阪(第七藝術劇場)・京都(京都みなみ会館)・福岡(KBCシネマ)での
上映も決まっています。

ポレポレ東中野では10月29日(土)11:00の回 上映後
赤﨑正和監督・池谷薫プロデューサーによる舞台挨拶が予定されています。


予告編です。



自閉症をテーマにした日本映画ですぐに思い浮かぶのは
ぼくはうみをみたくなりました』と『星の国から孫ふたり』。
『ぼくうみ』DVD(豪華景品付き)、好評発売中です☆

トラックバック (Close):2

trackback from 栄枯盛衰・前途洋洋 11-11-20 (日) 15:10

赤﨑正和監督の映画「ちづる」の劇場公開を見て、母久美さんの本『ちづる』を読んで考えたこと

一昨日(2011年10月29日)から、ドキュメンタリー映画「ちづる」の劇場公開、東京の東中野と横浜で始まった。 リンク:映画「ちづる」公式サイト 赤﨑監督のブログ:あにきにっき 我が…

trackback from 栄枯盛衰・前途洋洋 11-11-20 (日) 15:10

赤﨑正和監督の映画「ちづる」の劇場公開を見て、母久美さんの本『ちづる』を読んで考えたこと(2)~劇場公開までのもう一つのドラマ

『ちづる 娘と私の「幸せ」な人生』(赤﨑久美著、新評論)を読み終わった。前回のブログで映画の感想を書く際、まず第3章を読んだが、改めて第1章から通読した。映画「ちづる」を…

Home > お知らせ | 自閉症 > 映画『ちづる』を観ませんか?

▲このページのTOPへ