Home > お知らせ > 『イップ・マン 葉問』を観ませんか?

『イップ・マン 葉問』を観ませんか?

『イップ・マン 葉問』という映画があります。主演はドニー・イェン。
りんちぇ迷の私としては『HERO』の長空、『天地大乱』の提督を演じた人として
ドニーさんに親近感を抱いています(照)
『イップ・マン 葉問』は2010年香港興行収入第一位
2010年上半期 中国興行収入第一位 です。日本では2011年1月22日公開。

この映画は香港では『葉問2』として公開されました。
パート2があるなら当然パート1もあるわけで・・。

でもパート1(邦題『イップ・マン 序章』)は『イップ・マン 葉問』の動員数が
5000人を超えなければ公開されません。
5000人の動員というのは東京の動員数のみ対象だったそうですが
ファンが大阪での動員数もカウントしてほしいとお願いして
検討するとのお返事を戴いているそうです。

中華圏の映画の日本公開が少なくなった今、少しでも興味を持たれた方は
ぜひぜひ映画館に足を運んでいただきたいと思います☆

イップ・マン

ストーリー
1949年イギリス植民地の香港。戦争の混乱で地位や名誉を失ったイップ・マン(葉問)は
佛山を離れ香港に渡る。家族の生活を守るため新天地で詠春拳の道場を開くが
他流派からの嫌がらせを受け厳しい状況が続く。
一方、香港社会は一部の不正な権力によって多くの市民が虐げられていた。
家族や仲間を守るため、イップ・マンはその不正な権力に対し「正義」と「誇り」を賭けた闘いに挑む。

主演 ドニー・イェン
出演 サモ・ハン・キンポー
監督 ウィルソン・イップ 

公式サイトはこちら

コメント (Close):11

もち 10-12-13 (月) 8:21

同じくドニー・イェン主演の映画「精武風雲・陳真」は、最近の日中関係の悪化により日本での公開が危ぶまれているようですね。

10月1日のレコードチャイナの記事
http://www.recordchina.co.jp/group.php?groupid=45828

そのような中で「イップ・マン 葉問」が無事日本で公開されることになって、よかったですね。

日本での中国映画の状況は本当に厳しいです…。

しゅう 10-12-14 (火) 0:39

>もちさん

中華圏で絶大な人気を誇るドニーさんなのに
日本では5000人の動員も危ういとは・・。
寂しいですね。

こうなったら皆で映画館に押しかけて、華流ファンの底力を
見せ付けてやりましょう(←映画会社の思うツボ・笑)

ドニーさんの『十月囲城(原題)』は公開が決まったんでしょうか。
ニコが出演しているので、こちらも観たいです☆

しゅう 10-12-14 (火) 21:10

ドニーさんの『十月囲城(原題)』の邦題は『孫文の義士団』。
2011年GW公開だそうです。

ビミョーな邦題ですが(笑)、公開が決まってよかったですね。
久しぶりに映画館でニコと逢えます☆

Rママさんに教えていただきました。Rママさん、謝謝♪

meishu 10-12-25 (土) 1:17

お久しぶりにお邪魔したら、ナントびっくり。
「葉問」が日本で公開されているんですね? 
「葉問」は日本人にとって、ちょっと居心地の悪くなる描かれ方
ですが(池内博之さんが軍人役で登場)
続編の「葉問2」は、自分のブログで何度も
紹介させてもらいましたが、
かなりお気に入りの映画です! 泣けます! 
中国の映画館で3回も観てしまいました。
日本で「葉問2」が上映されるといいですね~♪

しゅう 10-12-25 (土) 22:18

>meishu さん
お久しぶりです☆

『葉門2』が2011年1月22日から公開される予定なんです。
そして『葉門1』は『葉門2』の(東京での)動員数が5千人を超えたら公開されるそうです。

『葉門1』は東京国際映画祭では上映されましたが、劇場公開はまだです。
日本では『葉門2』のほうが先に公開されます。
誤解を与えるような書き方で申し訳ないです(汗)

ブログ記事を読ませていただきました☆
気分が高揚するような映画なんですね(笑)
今からドニーさんに会えるのが楽しみです。

meishu 10-12-26 (日) 13:55

>しゅうさん
すみません、早とちりしちゃいました(汗)

でも「葉問2」から先に上映というのは良かったです!!!
ぜひご覧になってくださいませ。
爽快な気分で何でもできる気になれる、そんな映画です♪

しゅう 10-12-27 (月) 1:01

文章を書くのがあまり得意ではないので(照)、こちらこそご迷惑をおかけしています。

>爽快な気分で何でもできる気になれる
凹んだ時用にDVDが発売されたら即購入することにします(笑)

何とか5千人動員という条件をクリアして、『葉門1』も観たいものです☆

vingtsun-mai 11-02-05 (土) 15:00

葉問によって俄然詠春拳が注目されています!
詠春拳ならこの話題…
2010年9月、鳴り物入りで刊行された話題の「眞傳 詠春拳教本」に待望の最新号となる第2号が刊行された。今号では第1号に続いて更に詠春拳が詳細に解説される。これを読めば詠春拳の全てが分かるマニア垂涎の一冊である!

http://miruhon.net/news/2010/12/post_759.html

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=519

各方面に大好評であった「眞傳 詠春拳教本」第1号の刊行から3ヶ月―遂にその続編となる「眞傳 詠春拳教本」第2号が刊行された。今号では第1号で紹介された基本套路、小念頭第1節に続いて第2号第3章小念頭套路では、小念頭第2節を紹介する。

黄淳?派詠春拳において小念頭第2節の多くは力業である剛法中心の構成となっている。剛法で相手をねじ伏せる為には詠春拳の基本に忠実に実行する必要がある。今回強調される剛法を実行するためには「一攤三伏」と呼ばれる訓練を継続実施する事で達成される。よって第4章小念頭講解では剛法のためには必須となる「一攤三伏」の訓練法の詳細が明らかにされる。

また、今号の特徴は対比として洪拳の姿勢や訓練法が紹介されている。詠春拳の場合と洪拳の場合がつまびらかに解説されており詠春拳だけに留まらず、広東系南派少林拳の全体像にも迫る内容となっている。是非洪拳と比較・検討してその違いを理解してもらいたいと考える。表紙の巻頭コピーはそんな意味である。


遂に出来ました。お知らせいたします。

また、無料のお試し版もありますのでダウンロードしてお楽しみ下さい。

http://miruhon.net/index.php?main_page=product_info&products_id=495

しゅう 11-02-05 (土) 20:36

>vingtsun-mai さん

サイトを訪問させていただきました☆
詠春拳を練習されている教室なんですね。

詠春拳について知りたいと思っていらっしゃる方は
一度サイトを訪問してみたら如何でしょうか。


ところで『イップ・マン 葉問』の5000人動員は
現時点で残り1200人余。何とか目標を達成できそうです♪

kira 11-02-12 (土) 11:45

しゅうさん☆こんにちは~♪

動員5000人キャンペーンは「新宿武蔵野館」のみの入場者数なので、
地元で観てしまった私はカウントされてないと思いますが、
ブログやクチコミの効果でしょうか、本日中にも達成される感じですね^^b

ビビリの私ですが、その闘いと志の美を堪能でき、
後味も良かったので、満足でした。
拙い文章でお恥ずかしいですが、TBさせてくださいね。

しゅう 11-02-13 (日) 12:24

>kiraさん
TBとコメントをありがとうございます~☆

公開が決定しました!
「新宿武蔵野館」で2月19日(土)緊急公開だそうです。
http://shinjuku.musashino-k.jp/

ん?「新宿武蔵野館」以外での公開は未定ということなんでしょうか。

トラックバック (Close):2

trackback from けろにあ・みだすのつぶやき 10-12-12 (日) 14:07

『イップ・マン 葉問』を見よう!

またまた長期間ブログを放置してしまいました。 ついったーを始めてしまうとそうなっちゃう場合が多いようですが、私もそうなっちゃってます(^^; イカンですなー。 サイドの中ほどに…

trackback from to Heart 11-02-12 (土) 11:45

イップ・マン 葉問

その心と技は、
ブルース・リーに受け継がれた──
製作年度 2010年
原題 葉問2/IP MAN 2
上映時間 109分
製作国 香港
脚本 エドモンド・ウォン
監督 ウィルソン・イップ
音楽 川井憲次
出演 …

Home > お知らせ > 『イップ・マン 葉問』を観ませんか?

▲このページのTOPへ